競馬学校の実践的なレース形式の練習「模擬レース」

競馬学校の実践的なレース形式の練習「模擬レース」

卒業を控えた生徒の間では「模擬レース」と呼ばれる実践的なレースが合計10回開催されます。

練習生たちは「模擬レース」という舞台で、ポイント制で優勝を争うのです。

「模擬レース」は通常は競馬学校内のコースで行われますが、プロの騎手がレースをする競馬場で開催されることもあります。

たとえば、東京都府中市にある東京競馬場。

家族も見に来て、一般の観客もたくさんいるので、「模擬レース」というよりまるで本物のレースのようです。

そして、「模擬レース」を行っている生徒達は1年後にはプロの騎手としてデビューするのです。

トップページへ戻る »