×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

プロの競馬騎手・ジョッキーの賞金の決まり方

プロの競馬騎手・ジョッキーの賞金の決まり方

騎手の主な収入源は、騎乗したレースの着順によって得られる賞金です。

この着順による賞金の5%が騎手に支払われます。

たとえば、国内最高賞金を誇るG1レース「ジャパンカップ」の1着賞金は2億5000万円なので、その5%である1250万円を獲得賞金としてもらえます。

では、残りの残りの95%の賞金はどうなるのか?

それは、以下のように馬に関わる人たちに配分されます。

割合 ジャパンカップの場合
馬主 賞金の80% 2億円
調教師 賞金の10% 2500万円
厩務員 賞金の5% 1250万円
 

※厩務員(きゅうむいん)とは、馬の世話をする人のことです。とくに競馬においては厩舎に所属し、厩舎が管理する競走馬の身の回りの世話を行う者を言います。具体的な仕事は、体温や食欲のチェックなど、競走馬の健康管理が主になります。

競馬騎手を育てる養成学校「日本中央競馬会 競馬学校」に続く »